ISMS基本方針

ISMS基本方針

 日本フィールド・エンジニアリング株式会社(以下、「当社」という。)は、情報通信設備・通信線路設備・CATV設備の工事・保守を主体とした事業活動をしております。この活動にあたりお客さまから預託された貴重な情報資産はもとより、当社の保有する情報資産に対して合理的で適切な安全対策を実施し、紛失、盗難、不正使用、流出などの脅威から保護することが、当社の事業活動の継続維持や拡大を図るための最重要課題であります。このため情報セキュリティ基本方針を定め、社会及びお客さまの信頼に応えることを宣言します。

情報セキュリティ基本方針

1. 当社の事業活動においてお客さまから預託された情報資産及び当社が保有する情報資産については、機密性、完全性、可用性を確保、維持します。
2.

この基本方針の適用範囲は、当社の全事業所と、当社の業務に従事し、情報資産にアクセスすることのできる役員、社員、嘱託社員、パート社員、派遣社員及び社内で業務に携わる全ての者(以下、「従業者」という。)とします。

3.

情報セキュリティにおける諸問題についての解決を図るため、情報セキュリティ最高責任者(CISO)を置くとともに、情報セキュリティの最高決議機関として、情報セキュリティ委員会を設置します。

4.

当社は、従業者に対して情報セキュリティに関する啓蒙・教育活動を推進します。

5.

従業者は、情報セキュリティに関連する方針、情報セキュリティ目的、社内規程・マニュアル、関連法令や契約上の要求事項を順守する責任を負います。

6.

当社が取り扱う情報資産を適切に保護するために、リスクアセスメントに基づいた「情報セキュリティマネジメントシステム」の運用に万全を期します。

情報セキュリティ目的

 当社は、役員、社員、嘱託社員、パート社員、派遣社員及び社内で業務に携わる全ての者が、情報セキュリティへの理解をもち、社内ルールを共有・順守することでお客さまから預託された貴重な情報資産ならびに当社が保有する情報資産を保護することを目的とします。


2018年 6月                 

日本フィールド・エンジニアリング株式会社

代表取締役社長 金井 義和


ホーム サイトマップ
会社情報 事業案内 事業所一覧 採用情報